<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

薪ストーブの上で

お鍋が並ぶ季節です。
今日は定番の豆を煮ました。

c0223112_16353516.jpg


昨日、考えもなしに大豆と金時豆を水につけてしまって・・・。
今日はこんなふうに、お鍋が並ぶことになりました。
天板は約250℃、ちょうど良い火床ができていて、これからゆっくりストーブの
温度が下がるので、お豆もゆっくりゆっくりやわらかくなります。

c0223112_16365676.jpg


30分くらいでアクで真っ白になったのでそっとアク取りを。
水を足して、いつも豆が隠れるくらいにしておきます。
急ぎたい時は薪を少し足してこの温度を保たせます。
一時間後には硬めだけど食べられるほどに。
この後,三時間くらいしたらやわらかい大豆が出来上がリました。
たくさんの大豆は荒熱を取ってから小分けして冷凍します。

大豆はヒジキ料理は勿論ですが、根菜とお肉などの煮込み料理にプラス、ちょっと酢や塩を振りかけておいてからサラダのアクセントに、ジャコなどとの炊き合わせ等様々に利用します。

金時豆はやわらかくなったところで「きび糖」でさわやかな甘めに。
by chiheisen_stove | 2010-11-29 16:47 | 薪ストーブ

手づくりの炉台で

安曇野市のT邸では手づくりの炉台が薪ストーブを引き立てます。
c0223112_21502146.jpg

”炉台は手造りで”とこだわった施主。
ドイツレンガを積み上げて・・・セメントでつないで・・・2日ほどで作りました。
エンジ系の色が微妙に変わりながら隣のレンガに連鎖して、なぜか遠い昔を思い起こさせてくれるような暖かさが伝わります。
ストーブはバーモントキャステイングのアンコール・エバーバーン、今人気の機種です。
上で料理ができるので、このようにお鍋やケトルが大活躍です。
ちょっとにぎやか。
c0223112_21553295.jpg

上を見上げると・・・・
壁のくり抜きは煙突掃除をしやすくする為に作ったそうですが、このおかげで二階がより暖かいそう。
木の香りが伝わってくるようです。
by chiheisen_stove | 2010-11-23 22:09 | 薪ストーブ

晩秋に!

時折りの暖かさがホッとするこのごろです。

c0223112_16361581.jpg

c0223112_16364712.jpg


やわらかい日差しが注がれる日には、モンキチョウやツマグロヒョウモンチョウがやってきます。
もうひと頑張り!・・・と咲いているコスモスやタンポポの蜜を吸って、栄養補給?のようです。
この蝶たちはヒラヒラと本当によく庭めぐりをしていました。

お日様が傾くとスッと冷たい風が~
秋も終わりかなぁ・・・としみじみと。。
by chiheisen_stove | 2010-11-16 16:39 | 安曇野

薪の整理にログラックを自前で

ログラックがもう一歩で出来上がり!

c0223112_16433310.jpg


よく見てみると・・・・

c0223112_16155878.jpg


コンパネで屋根掛けしました。

雨、雪の吹き込みに備えて屋根奥行きは写真のように長く深めにします。

c0223112_16165463.jpg


c0223112_16172771.jpg


まだやることがあります。
コンパネ材の上にルーフィングを掛けて出来上がりになります。
もう少しです。
by chiheisen_stove | 2010-11-12 16:22 | 原木・薪

燕岳も真っ白に!

雲のない青空を仰ぎ冷たい澄んだ空気に触れ、ああ、またこの季節がきた・・・と思う。
毎年のことながら、初めてのようなこの新鮮さは何なのでしょう。

c0223112_11453793.jpg


今日は我が家の前から真っ白になった燕岳がよく見えます。

双眼鏡で見ると左上には燕山荘が、そして手前の前山、有明山の後ろに燕岳の頂上らしきものが見えます。
数日前よりいっそう雪の白さが増していて、だんだん積もってきているのが分かります。

こんな風に澄んだ空気の時は我が家から北アルプス連峰がよく見えて、それだけで幸せな気分です。

安曇野はやっぱりいい!と思うのです。
by chiheisen_stove | 2010-11-04 11:55 | 安曇野