<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「生存を支える会(仮)」のバザーのお知らせ

c0223112_2317697.jpg


年の瀬です。
この店内で「生存を支える会」が陶磁器類のバザーを開催しています。
生活困窮者のために役立てます。

春慶塗りの重箱、お盆、大小丼、お皿、徳利など普段使いのものです。

お気持ちのある方、一度足を運んでください。
by chiheisen_stove | 2010-12-30 23:29 | 日々のこと

ビーマの首がちょっと高級に・・・


c0223112_16264554.jpg

ビーマの首輪は先代の犬のもので、18年物。
さすがに糸がほつれてきて、タコ糸で修理しながらでした。

c0223112_16271520.jpg


見かねた友人が「2年前逝ってしまったゴールデンレトリバーの形見だけど使って」と持ってきてくれました。
その名は「キョウヘイ君」。よく知っている犬でしたので、喜んで使わせていただきました。
グッと高級感あふれて、来店のお客様も「いいのだねぇ」と。

ビーマの身体にすっかりなじみました。
by chiheisen_stove | 2010-12-19 16:32 | 黒ラブ

オツネントンボの冬越し

夏に羽化し、成虫のまま冬を越し、春産卵するというオツネントンボがまたやってきました。
c0223112_22375779.jpg

小さな糸トンボが日当たりの良い日の窓ガラスで、カサカサと・・・
カーテンと窓の間でカサカサと。
毎年のように12月になると家の中で飛び回るオツネントンボ。

普段は外の薪の間で枯れたように眠っています。
薪を運んで、ストーブ脇においておくと暖かさに誘われて目を覚まし、飛び回っているのです。
暖かな日、そっと外に出してあげます。
たぶんまた、積んである薪の間にもぐりこむでしょう。

春まで生きているその生命力、この小さな身体のどこにそんなパワーがあるのでしょう。
そんな思いにふけりながら、今日も外に出してあげました。

年を越す・・・そんなことから「オツネントンボ」といわれているらしい。

そういえば、積み重ねた薪を運ぶ時気をつけないと、ハチも眠っています。
ちょっと動きが鈍く、すぐには刺しませんが、要注意です。
by chiheisen_stove | 2010-12-06 22:39 | 日々のこと