<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今の内に煮豆をストックしておきます

c0223112_1748463.jpg

2月も半ば過ぎ、ようやく日中は暖かくなりました。
薪ストーブも一日中燃やしていなくてもよくなります。
今日は午後は暖かいので薪を足さずに自然に庫内の温度が下がりました。
写真は火が小さくなった様子、ストーブトップは100度、店内は22度、今日はこのままでいきます。
c0223112_175237.jpg

ここから先は当然、薪ストーブならではの調理も限られてきますので今の内にと、ここ数日は毎日大豆等の豆を煮ています。
昨日から煮初め、途中火力が落ちるので今日午前中にまた煮ました。
当分先までの豆を煮ておくといざというときには手間が省けますし、何よりも豆の味がガス火とは違います。
ジンワリとした柔らかさが豆の味そのものを引き立て、余分な味付けはあまり必要ありません。
c0223112_1758853.jpg

大豆、金時豆、黒豆、小豆等を何回かに分けて煮ていき、小分けして冷凍しておきます。
但し冷凍は欲張らずに小さめの方がいいですね。
一部味付けしてから冷凍しておきと自然解凍でそのまま、またはもう一度火にかけて味の調整などします。
我が家の、今の内にやること!です。
by chiheisen_stove | 2011-02-22 18:05 | 薪ストーブ

小さな心遣いが・・・大きな支援に~

c0223112_16395294.jpg


店内では「生存を支える会」が生活困窮者の支援のために暮からバザーを開催してきました。
小さなお皿から大きな丼まで日常の食器類がまだまだあります。

c0223112_1641496.jpg


「こんなの欲しかったのよ!」などと喜ばれることもしばしば。
そうやって少しずつ支援の輪がひろがってきました。

一つ一つはわずかな金額の食器類なのですが・・・大勢の方たちに協力していただくと大きな大きな元気につながります。
今月中はやっていますので、更なる暖かなご協力をお願いします。
by chiheisen_stove | 2011-02-10 16:49 | 日々のこと

エコファンのいろいろ実験

c0223112_1494171.jpg


当店でエコファンのいろいろ実験をしてみました。
電気も使わずにストーブの熱で自ら発電してファンを回すこのシステム。
なるほどとわかったつもりでも、ではどのくらい、どう効果あるの?と思います。

そこでまずは大きいエコファンをおきました。
暖かな空気がかき回されて心なしか暖かさが強く,熱の伝わり方も早く感じられました。

c0223112_1410485.jpg


では、思い切って2台置いたらどうか・・・?
やってみたら・・・しばらくするとなんだか寒くなってくるのです。
どんどん寒さが伝わって、でもストーブの表面温度は250度、いったいこれは・・・?
どうやら風がぶつかり合って正しい空気の対流ができなくなったようです。

何でも多ければいいということではなく、ストーブ上の暖かな熱を循環させ、より良い対流を作ることで暖かな空気が部屋中に回るようにしなければ意味がありません。

一台のエコファンを置き実際に店内で朝炊きつけ、最初の30分で4度程上がりました。
その後はそれなりに徐々に上がっていくので、やはり効果はあると思います。

c0223112_1415250.jpg


あくまでも今のお部屋の温度が基準で暖かくなったかどうかの判断ですが、小型扇風機などで空気をかくはんしているよりは静かです。

当店にはシーリングファンがありますが、それも同時に回してみました。
いつものように空気を落とすやり方で回すと、エコファンの空気とぶつかって効果がありませんでした。
今度は空気を引っ張りあげるやり方にすると今までとは逆の対流が生まれて温まるようになりました。

それではストーブのどこに置けばいいのか・・・
これはストーブの機種によって異なりますが、このエコファンは下部に340度以上の熱には絶えられない構造です。ですから当店のアンコールの場合はウォーミングシェルフの上に置いています。

ストーブが300度くらいのときは勢いよく回っていますし、200度以下になるとゆっくりゆっくりの回り方になりますからそのファンを見て温度の下がり具合もわかり薪を足す目安にもなります。

小さなエコファンの下部にはオーバーヒート予防のシステムが組み込まれていますが、やはり使い方は大きいエコファンと同じほうが無難でしょう。

c0223112_14181159.jpg


何日にも渡りいろいろ実験していますと、来店のお客様も興味津々。
面白さも手伝って、ああしたらこうしたらと話が弾みます。

やっと当店のエコファンの居場所が決まりました。
燃やしはじめからこの位置、ストーブトップに一部置いてのウォーミングシェルフ上・・・・
やっと落ち着きました。
by chiheisen_stove | 2011-02-02 14:34