<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

うれしい出会いがありました

一昨日のこと、お店に、にこやかなご夫婦がお見えになりました。
「こんなお店見かけると、すぐに入ってしまうんだよ~」と言いながら。
その言葉で、薪ストーブの生活している方なのだ、と直感しました。
c0223112_0223120.jpg

宮城から信州へ旅行、それもキャンピングカーで、です。
「ようこそ、いらっしゃいました」
「宮城なので、被災地からなのですが、でも思い切って旅行にでたのです」
「そうでしたか。宮城といえば、このビーマも宮城生まれなのですよ」
「まあ、宮城のどこ?」
「何でも黒川郡・・・」
「何!黒川郡なら同じところだ、で、町は?」
住所調べながら「大衛村・・・ですね。」
「すぐ近くじゃない・・・」

こんな会話が続き、ビーマの同郷ということになり、なぜか一段と身近な存在になったから不思議です。
ビーマは何も分かっていないけれど、そう悪くない雰囲気と悟ったのでしょう。
甘えに甘えてました。

店内を見て、岩手県大鎚町の中学校支援の「南部ハナマガリ鮭T」に目を止めて、自分たちも被災者だけど、直接津波の影響はなかった、この支援には協力しましょう、と。

そう言って鮭Tとタオルを買ってくださいました。
奥さま曰く「この中の500円と300円が支援ね」

心温まる空気がいっぱいに広がりました。

帰り際、記念にキャンピングカーの写真を撮らせていただこうとしたら、「私たちも入って、宮城ナンバーも入れて撮っていいですよ」
「ブログに載せたいのですが・・・」
「どうぞどうぞ」
笑いながら、買った鮭Tとタオルを持ってカメラの前に立ってくださいました。
すてきな笑顔です。

これから白馬に行くのだそうです。
楽しい旅になりますように。
c0223112_0231060.jpg

さて、お見送りした後のビーマは、やっぱり淋しそう・・・。
by chiheisen_stove | 2012-05-24 00:29 | 日々のこと

タンポポの花を食べるビーマ

もうこれで春!と何度思ったことでしょう。
今年の春の訪れはいつもと違い、すぐに初夏を思わせる日から、急激な低温状態にと、翻弄されました。
やっと雑草たちが花をつけ、彩きれいな安曇野になりました。
4月中旬に初めて咲いたタンポポの花、ビーマの好物なので早速口元にあげると食べません。
それよりナズナの若芽やタンポポの若葉を食べています。
昨年、あんなに食べたタンポポの花には見向きもしません。
子供だったから食べたのかなあ、ビーマも大人になったのかあ、などわけもわからぬ思いでした。
c0223112_16595211.jpg

5月に入って、庭中タンポポが咲き、背丈もあっという間に20センチくらいになりました。
すると突然ビーマがタンポポの花を食べ始めました。
c0223112_1703170.jpg

花だけ、ポキッ、ポキッと音を立てながら次々食べていきます。
c0223112_1715594.jpg

あっという間に花が無くなった・・。
もう、葉は食べません。
ナズナも食べません。

味がわかるみたいですね。
春の最初は花は苦すぎるのか、若芽の方がお美味しいと知ってか・・・?

今では毎日、黄色の花をポキッ、ポキッとおいしそうに食べ歩いています。

人間は春には苦みのあるものを食べたくなります。
ビーマもそうなのか?
一通り食べて満足なビーマ。
c0223112_173442.jpg

この風景は春の我が家の定番、でも今までのラブたちはそんなことしませんでした。
やっぱり、ビーマは変わっている??
by chiheisen_stove | 2012-05-06 17:08 | 黒ラブ