<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

地平線会議のカレンダーの紹介

c0223112_16291695.jpg


今年もあとわずか・・・
遅ればせながら、カレンダーの紹介です。
カレンダーといっても、日めくりや、今日は何日だっけ?・・などとしては全く使えない…カレンダーです。

作者は「南部ハナマガリ鮭T」のイラストレーターの長野亮之介さん。

彼は、「地平線会議」という探検・冒険から登山、旅、さらには民族調査やボランティア活動まで、世界を舞台に活動を続けている行動者たちのネットワークに所属、そこのカレンダーをデザインしています。
c0223112_16311730.jpg


彼自身も1981年に、ユーコン川(米・アラスカ)全流を筏(いかだ)で下るという探検をして、旅の面白さに目覚めたといいます。。その後旅先でのスケッチを重ねイラストレーターとなりました。
いえいえ、自称、「イラストライター」だそうです。

今回のカレンダーも、今年初夏に32年ぶりにモンタナ州を再訪した模様のスケッチですが、旅の思いを坦々と書き留めています。
旅先での想いが、やさしい絵の中にあふれています。
絵の解説はこちらから

鮭Tプロジェクトにご協力くださった方たちにも、また違った長野画伯のスケッチを見ていただきたくて、当店に置いています。

実は彼はかつて「林業新知識」(全林協)の表紙絵を長年担当していて、全国の林業家を訪ね、お話を聞きながら似顔絵を描いていました。独特なタッチが好評で、当店もその表紙絵のカレンダーを長年愛用、お客様方からも人気でした。

今回のモンタナでのスケッチは全く違った雰囲気です。

興味のある方、おいでください。500円で販売です。
封筒にはこんな手製の干支も・・・
c0223112_16315928.jpg


もうひとつのお知らせです。
今年中で終りそうだった「鮭Tプロジェクト」はまだまだ続きそう・・・・
リピーターが絶えないのです。。
少しでも力になれるのなら、大槌町の子供たちへの支援を続けたい・・・そんな声がポツリポツリ・・・
小さな声や思いを受け止め、繋いでいくかけ橋にと、スタッフはまだまだ活動を続けます。
鮭Tプロジェクトはこちらから

パーカーや新色も加わって、まだまだ健在です。
ご協力よろしくお願いします。
by chiheisen_stove | 2013-12-16 10:19 | 南部ハナマガリ鮭Tプロジェクト