薪ストーブの上で

お鍋が並ぶ季節です。
今日は定番の豆を煮ました。

c0223112_16353516.jpg


昨日、考えもなしに大豆と金時豆を水につけてしまって・・・。
今日はこんなふうに、お鍋が並ぶことになりました。
天板は約250℃、ちょうど良い火床ができていて、これからゆっくりストーブの
温度が下がるので、お豆もゆっくりゆっくりやわらかくなります。

c0223112_16365676.jpg


30分くらいでアクで真っ白になったのでそっとアク取りを。
水を足して、いつも豆が隠れるくらいにしておきます。
急ぎたい時は薪を少し足してこの温度を保たせます。
一時間後には硬めだけど食べられるほどに。
この後,三時間くらいしたらやわらかい大豆が出来上がリました。
たくさんの大豆は荒熱を取ってから小分けして冷凍します。

大豆はヒジキ料理は勿論ですが、根菜とお肉などの煮込み料理にプラス、ちょっと酢や塩を振りかけておいてからサラダのアクセントに、ジャコなどとの炊き合わせ等様々に利用します。

金時豆はやわらかくなったところで「きび糖」でさわやかな甘めに。
by chiheisen_stove | 2010-11-29 16:47 | 薪ストーブ
<< オツネントンボの冬越し 手づくりの炉台で >>